• 2017年12月13日
    建設キャリアアップシステムシンボルマーク決定

    応募総数505点の中から、選定委員会の選考により下の作品を大賞とし、シンボルマークに決定いたしました。

    大賞 青森県 工藤 和久さん(53歳、自営業)



    【作者のコメント】
    建設の「Construction=C」とキャリアの「Career=C」の文字を基調に安全ヘルメットをかぶって、建設業の未来を見つめ担う男女の横顔で赤は太陽、緑は大地で国の土台作りを担う元気な建設業を明快にイメージしました。


    【選定委員会委員長、副委員長のコメント】
    ●内田委員長(建設業振興基金 理事長)
    「腕を磨く、評価する。この好循環で建設技能の環境改善をという制度の狙いがUPの文字で端的に表現されている。また、男・女ペアのシルエットも進むべき方向を的確に示したものである。」


    ●坂崎副委員長(デザイナー/絵本作家 代表作 Suicaペンギン、チーバくんほか)
    「女性と男性のシルエットで円をくり抜いて、Cの文字を想起させているのが新鮮。建設キャリアアップのイメージを、シンプルに、明快に表現しているよい作品だと思います。」


    ◆奨励賞、佳作に選ばれた作品ついては、こちらからご覧ください。
     奨励賞受賞作品
     佳作受賞作品