キーワードを入力してください:

  システムの目的・対象

Q1-1. 建設キャリアアップシステムを構築する目的は
  • A.建設業が将来にわたって、その重要な役割を果たしていくためには、現場を担う技能者の高齢化や若者の減少などという構造的な課題への対策をより一層推進し、建設業を支える優秀な担い手を確保・育成していく必要があります。そのためには、個々の技能者が、その有する技能と経験に応じた適正な評価や処遇を受けられる環境を整備することが不可欠です。建設技能者は他の産業従事者と異なり、異なる事業者の現場で経験を積んでいくため、それぞれの技能者の技能が統一的に評価されにくく、現場管理や後進の指導など、一定の経験を積んだ技能者が果たしている役割や能力が、処遇に反映されにくい環境にあります。こうしたことから、技能者の保有資格、社会保険加入状況等とともに就業実績を、技能者に配布するカードを通じてシステムに蓄積することで、処遇の改善や技能の研さんにつなげる基本的なインフラとして建設キャリアアップシステムの構築を官民一体で進めます。
close
Q1-2. 公共工事の現場で登録は義務付けられるのか
  • A.システムの利用は任意となっておりますが、できるだけ多くの技能者・事業者にシステムを利用いただき、技能者の処遇改善が図られるよう、国土交通省において、システムに蓄積される情報を活用した建設技能者の能力評価制度の策定や能力評価制度と連動した専門工事企業の施工能力等を見える化する仕組みの構築が検討されています。また、建設技能者の能力評価制度の検討結果を踏まえ、高い技能・経験を有する建設技能者に対する公共工事での評価を検討することとされています。
close
Q1-3. 優秀な技能者の引き抜きにつながるのではないか
  • A.このシステムは、技能者の確保・育成に努め、優れた技能を有する技能者を多く雇用している専門工事業者等の受注機会の拡大を図るなど、業界全体として、人材の確保・育成や施工力及び工事品質の向上につながる環境づくりを進めることを狙いの一つとしています。この実現のためには、技能者及び所属事業者(雇用する事業者)の技能・施工力の見える化が必要と考えています。今回、システムの運用にあたり、引き抜きにつながるのではないかという懸念の声も踏まえ、技能者本人と所属事業者の双方の同意がなければ、その技能者の情報は他の建設事業者からは閲覧できないような仕組みを基本としています。
close
Q1-4. 社会保険に未加入の作業員はシステムで現場入場を制限されるのか
  • A.現場入場制限は、現場毎の元請事業者の判断となります。
     システムには、社会保険の加入状況について、証明書類による確認の有無も含めて登録されますので、元請事業者による加入状況確認に役立ちます。
close
Q1-5. 大手ゼネコンで既に導入されている入退場管理システムや労務安全管理システム等の民間システムとの違いは
  • A.建設キャリアアップシステムと労務安全管理や入退場管理を目的とした他のシステムでは、目的も機能も異なります。
     本システムを機能面から端的に説明すると、証明書等で確認した技能者・事業者の情報を登録したうえで、就業履歴を業界統一のルールで蓄積するシステムで、それらを閲覧・出力する機能が備わります。また、登録された情報を安全衛生や施工体制を管理する帳票に反映し出力することができます。下表に整理しましたので、ご参照ください。

     なお、本システムでは、既存の民間システム等との間で、就業履歴情報を送受信するために就業履歴データ連携APIを用意します。これにより、他のシステムで蓄積する就業履歴を、建設キャリアップシステムに蓄積することが可能となりますので、システムの拡充や合理化を図ることも可能です。就業履歴データ連携APIの詳細については、Q4-8をご覧下さい。
close
Q1-6. 建退共とシステムはどう連携するのか
  • A.システムに蓄積される技能者の就業履歴情報を活用すれば、元請事業者は交付する証紙の必要枚数、技能者は手帳への貼付け枚数の確認が確実かつ容易になります。
     また、2018年1月現在、建退共本部において、証紙に代わり電子申請方式の導入に向けた実証実験を行っています。この実験結果等を踏まえ、建退共本部において導入時期について検討がなされるものと考えております。(なお、電子申請方式の導入には法改正が必要と聞いております。)

close
Q1-7. システムの詳しい内容はどこに問い合わせればいいのか
  • A.他のQ&Aでもシステムの詳細について分かりやすく説明しているので、ご確認ください。
      さらに詳しい内容については、2018年3月からお問い合わせセンター(03-6386-3725)を開局しましたので、お問い合わせいただければと存じます。

              電話番号:03-6386-3725
              メールアドレス:otoiawase@mail.ccus.jp
close
Q1-8. カードを持っていない技能者は現場に入場できなくなるのか
  • A.このシステムは、技能者の処遇の改善につなげるために技能者の就業履歴を蓄積することを目的としておりますので、技能者の方が漏れなくシステムへ登録されることが重要となります。カードを所持していない技能者について、現場入場を認めない取り扱いとすることを求めるものではありませんが、技能者全体の処遇改善につなげていくためにも、できる限り多くの技能者の登録が行われるよう、システムの周知を進めていきます。
close
Q1-9. 現場の技能者に説明をしなくてはならないが、説明用のわかりやすい資料はないか
  • A.システムに関する概要説明の動画を建設キャリアアップシステムHPに掲載しておりますので、ご活用ください。また、他のQ&Aでもシステムの詳細についての説明もしていますので、こちらもご確認ください。
     今後も、システムに関する説明資料や最新情報をHPで掲載・更新していきます。広くご活用いただければと存じます。
close
Q1-10. カードを紛失したら個人情報が漏えいするのではないか
  • A.カードのICチップにはID番号が記録されているだけで、その他の情報は記録されません。情報は本システムのクラウド上に蓄積するため、紛失したカードから個人情報等が漏えいすることはありません。なお、クラウドに蓄積された情報を閲覧するためには、ID番号とパスワードを入力しシステムにログインする必要があります。また、システムは、アクセス制御やソフトウェアの脆弱(ぜいじゃく)性対策などの必要なセキュリティ対策を実施し、情報の保護に万全を期します。
close
Q1-11. 登録情報の偽装はどう防ぐのか。発覚した場合の罰則は
  • A.システムの利用にあたっては、利用規約に同意する必要があり、偽装が発覚した場合には、利用規約に従い登録の取り消し等などの措置を実施します。

close