新規登録について

 技能者、事業者の登録は、インターネット、郵送、窓口での申請が可能です。申請用紙は、窓口、業界団体等を通じて広く配布する予定です。
 技能者は、本人確認に必要な書類(運転免許証等)の写しを提出していただき、運営主体や窓口で本人であることを確認したうえでシステムに登録します。登録・審査完了後、技能者IDを付与し、技能者の顔写真が印刷されたICカード(建設キャリアアップカード)を指定の住所に郵送します。運用当初は、通常のカードと登録基幹技能者を対象とした(ゴールド)カードの2種類になります。
 事業者は、建設業許可通知書などの証明書類を添えて登録を申請します。建設業許可情報と連携することで、簡略な入力を可能としています。審査完了後、事業者IDを付与し、メール(郵送)でお知らせします。
 技能者、事業者の登録は、雇用事業主や上位企業による代行申請も可能です。とくに、技能者の社会保険等の情報を適切に登録するため、雇用事業主による代行申請を積極的にお願いする方針です。事業所が管理している従業員名簿等のデータを取り込み、技能者情報の登録を補助する機能も提供します。
 システムへの登録料は、技能者は実費相当で、インターネット申請の場合2,500円(1年あたり250円)、郵送・窓口申請は3,500円(1年あたり350円)とし、負担いただくのは、新規登録と10年ごとの更新時になります。
 事業者は規模(資本金)に応じた登録料(5年更新)とシステム利用料を負担いただきますが、システム利用料は全事業者が負担する管理者ID利用料(1IDごとに2,400円)と元請事業者(現場を登録する事業者)が負担する現場利用料(就業履歴1件ごとに3円)になります。例えば、資本金1,000万円、年完工高1億円、元請として700件の就業履歴を蓄積するとして、年6,900円(元請工事が無い場合4,800円)を負担いただく予定です。一人親方は事業者としても登録しますが、登録料は無料です。なお、普及促進の観点から利用料の割引について現在検討中です。


利用規約

 ・こちらをクリックしてご確認ください(PDF)

 

個人情報保護方針

 ・こちらをクリックしてご確認ください(PDF)


 【料金の割引や有効期間の延長について】