厚生労働省
建設労働者緊急育成支援事業

お問合せはこちら

お電話
の方
03-5473-4589
9:00〜17:00(土・日祝を除く)
メール
の方
お問合せフォーム

HOME > 修了生+採用企業ダブルインタビュー!VOL.02

憧れの建設業で自分をもっと高めていきたい

 普段何気なく見かける建設現場では、何が行われているのだろうか?漠然とではあるが、以前から建設の仕事に興味を抱いていた。
 「自分が住んでいる家を含め、建設業の仕事がなければ誰もが生活を営むことはできない」。そう考える押切さんが心に抱いていた興味は、やがて「カッコイイ」と思う憧れへと変わっていった。
 内装工事について、何も知らないまま、仕上系技能者(内装)を対象にした訓練に参加。丁寧に教えてくれる講師の手ほどきを受けながら、短い期間だが、建設の「イロハ」を学ぶことができた。この春、入社した株式会社東京志村(千葉県習志野市)では、まだ数ヶ月ではあるが、ホテル、スーパー、病院、マンションと現場経験を踏んでいる。
 確かに厳しい環境の中での仕事だが、休憩時間に入る時、そこまでに手掛けた箇所が出来上がった様子を見るのは、何より充実感が得られる瞬間でもある。経験を積んで、先輩社員のようになれるよう、「自分をもっと高めていきたい」と常に前向き。いずれは職長として、「大きな現場での施工を任されるようになりたい」という。

押切 雅仁さん

研修を通じて仕事の流れをつかめた

 内装工事のことをほとんど知らないまま、千葉・幕張で3月上旬に行われた2週間に及ぶ研修に参加しました。
 初日は、教習所に出向いて、玉掛け、フォークリフト、研削砥石といった資格取得に挑戦。その後、高度ポリテクセンターを会場にした研修では、ボード、軽鉄、床、クロスといった内装各職種を専門とする講師の方々から基本を一つ一つ教えていただきました。資料や実際に現場で用いる資機材を用意していただき、とても分かりやすかったです。短い期間ではありましたが、研修を通じて内装工事の流れをつかむことができたのは、実際の現場作業にも活かせる貴重な経験でした。
 就職した株式会社東京志村では、一つの現場に十数人で入り、内装工事を手掛けることになります。先輩たちは時には厳しくも、丁寧に仕事を教えてくれます。自分のミスも的確に指導していただけるので、次に活かすことができます。そうしたことにも注意しながら、自分の技術を高め、いずれは職長として現場を仕切れるようになることが、今の目標であり希望です。

伊東 弘樹 代表取締役

建設業の魅力は仕事が形に残ること

 押切さんは、建設労働者緊急育成支援事業を活用した2週間の研修を経て、入社してきました。貴重な経験だったようで、施工技術以前のこととして、現場に入ってくる時の心構えができたことと戸惑うことが軽減されたことなどは大きな成果だったと思います。
 同年代でもう1人入社しているのですが、2人が切磋琢磨して伸びていってほしいというのが私の願いです。
 彼らには、現場で学んだことをノートにまとめておくよう指示しています。自分なりのやり方で良いので、仕事をしっかり覚えてほしいのです。いずれ先輩として後輩に仕事を教えるようになりますし、将来は会社を背負っていってもらえるような存在になってほしいと考えています。
 幕張での研修を見学させてもらいましたが、皆さんが真面目に取り組んでいたのは印象的でした。就職前にこうした研修を受けられる事業は、採用する会社としてもありがたいです。
 最後に建設業界の魅力は、なんと言っても自分が手掛けた仕事が形として残ることです。そんな仕事に憧れ、目的意識を持った若者に入ってきてもらいたいですね。



トップページへ戻る