東日本大震災において建設機械を滅失された建設企業に対しましては、以下のとおり特例措置が講じられています。


対象建設機械
対象購入日(契約日)
通常
建設機械抵当法施行令別表に規定する 「建設機械」のうち41機種
ショベル系掘削機、ブルドーザー、トラクターショベル
→平成25年1月11日〜平成27年2月28日
 41機種の内、上記3機種を除く38機種
→平成26年2月6日〜平成27年2月28日
東日本大震災特例
建設機械抵当法施行令別表に規定する 「建設機械」の全60機種
平成23年3月14日〜平成27年2月28日


 (1)東日本大震災に際し災害救助法が適用された市町村の区域(東京都の区域を除く)に
   営業所を有していること。
 (2)罹災証明を受けていること(罹災証明書の写しを提出していただきます)
 (3)東日本大震災で滅失等した機械の代替として購入した建設機械であること
 (4)東日本大震災で建設機械等を滅失等したことが説明できること
   (滅失等した当時の建設機械の状況を確認できる写真を提示いただきます)
   対象となる建設機械は下記をご覧ください。

本事業TOPページ | 事業の概要 | 対象となる建設機械 | 申請用紙ダウンロード | 東日本大震災特例 | よくある質問