平成30年度 国土交通省受託事業     (一財)建設業振興基金 経営基盤整備支援センター

 人口減少や高齢化が進む中、建設産業においては、担い手不足が深刻化しており、「生産性の向上」が喫緊の課題とされています。
 本セミナーでは生産性向上の一つの手段として、「多能工」に焦点を当て、多能工育成の現状や手法、有効性等について紹介いたします。

対象者:建設会社幹部、労務管理担当者、技術者・技能者、行政関係者 等

本セミナーの受付は終了しました。

セミナー内容 全日程14:00~16:40(受付開始 13:30〜)

・建設業界の人手不足と多能工の必要性
・多能工の育成方法はどのようにすべきか
・多能工の職種の組み合わせにはどのようなものがあるか
・多能工活用に適している工事・場面とは
・多能工推進の効果・メリット
・生産性向上に向けた働きやすさ・働き方改革とは
・企業経営幹部による多能工推進に向けた取組 など

セミナー講師1 (14:15~15:45) 2名の講師が日替わりで講師を行います
蟹澤 宏剛氏芝浦工業大学
建築学部建築学科 教授
降籏 達生氏ハタコンサルタント㈱ 
代表取締役
千葉大学大学院自然科学研究博士課程修了。博士(工学)。専門は建築生産・建築構法(主に木造)。国土交通省担い手確保・育成検討会 委員、同省建設産業活性化会議 委員など。『建築生産―ものづくりから見た建築のしくみ」など著書多数。 学生時代に、映画「黒部の太陽」を見て、建設を生涯の仕事にすることを決意。大阪大学工学部土木学科卒業後、株式会社熊谷組に入社。1995年、独立。ハタコンサルタント株式会社を創業。
「今すぐできる建設業の工期短縮」など著書多数。
セミナー講師2 (15:45~16:35) 多能工化を推進している企業経営幹部が講師を行います
水谷工業(株) (株)マルチビルダー
「誇れ、助っ人稼業」をスローガンに、耐震補強工事やインフラの維持・更新に欠かせないアンカー工・鉄筋工・型枠工・グラウト工・ひび割れ補修工・断面修復工等の多能工化を推進。先輩が後輩をマンツーマンで教育する「兄貴分制度」などユニークな人材育成を行っている。  元請からの要請もあり、躯体一式工事の「新技能集団」として多能工の育成を始める。企業内に東京都認定の高等職業訓練校を設置し、新入社員には入社後みっちり1年間、実社会に出る前に、品質管理や各職種の基本を習得させるなどして、多能工化を推進している。

セミナー開催日程 開催地 会場 講師1 講師2 会場詳細
1月31日(木)14:00〜 東 京 浜離宮建設プラザ  降籏氏 水 谷 工 業 会場PDF
2月 1日(金)14:00〜 札 幌 北海道建設会館  降籏氏 マルチビルダー 会場PDF
2月 4日(月)14:00〜 大 阪 エル・おおさか  降籏氏 水 谷 工 業 会場PDF
2月 8日(金)14:00〜 高 松 高松テルサ  蟹澤氏 マルチビルダー 会場PDF
2月 9日(土)14:00〜 広 島 ワークピア広島  蟹澤氏 水 谷 工 業 会場PDF
2月16日(土)14:00〜 新 潟 新潟県建設会館  蟹澤氏 マルチビルダー 会場PDF
2月18日(月)14:00〜 福 岡 福岡建設会館  降籏氏 マルチビルダー 会場PDF
2月25日(月)14:00〜 名古屋 愛知建設業会館  降籏氏 水 谷 工 業 会場PDF
3月 4日(月)14:00〜 仙 台 フォレスト仙台  降籏氏 マルチビルダー 会場PDF

主催・問い合わせ (一財)建設業振興基金 経営基盤整備支援センター
TEL:03-5473-4572 FAX:03-5473-4594
Copyright (C) 2018 一般財団法人建設業振興基金 All Rights Reserved.
本サイトに掲載されている記事・写真・図表などの転載を禁じます。