一般財団法人 建設業振興基金
経営基盤整備支援センター 情報化推進室CI-NET
ホームCI-NET導入・手続き評議会よくあるご質問会員用ページリンクサイトマップ
メニューイメージ

CI-NETとは、建設産業全体の生産性向上を図るため、建設生産に関わる様々な企業間の情報をネットワークを利用して交換するための仕組みです。(一財)建設業振興基金 情報化推進室では、会員企業、国土交通省、学識経験者、関連団体などの協力を得て、CI-NETの規約の制定および普及のための活動を行っています。

Topics

情報化評議会の会員一覧はリンクにてご確認ください

(2017/7/24)New

電子商取引の導入・運用事例を掲載しました(■5.導入事例等、発注者側:大洋建設、鴻池組、日鉄住金環境、フジタ、受注者側:明治大理石、雅(建築金物))

(2017/6/27)

「CI-NET建設資機材コード」を公表しました。
建設資機材コード最新バージョンは「Ver.1.70」です。

(2017/5/8)

「CI-NETコードVer1.7変換支援ツール(zip)」を掲載しました。
建設資機材コードVer.1.07と指定された建設資機材コードの「変更あり」や「新規」などの変換情報を提示します。

(2017/1/31)

「CI-NET電子証明書の強い暗号化移行に伴う電子証明書内容変更のお知らせ」を掲載しました

(2017/1/10)

「CI-NET企業識別コード・電子証明書申込み」ページを掲載しました

(2017/1/5)

CI-NET利用 企業識別コード・電子証明書申込み手続きを変更しました。
1.「CI-NET 申込Webサイト」の開設
2.発行手数料は「前納」から「後納」に変更

(2016/12/28)

Q&Aに「注文情報を特定するための見積依頼番号に関する注意事項」を掲載しました

Q10 元契約の確定注文における参照帳票№2(見積依頼番号)の扱い
Q11 枝番付確定注文における参照帳票№2(見積依頼番号)の扱い

(2015/7/1)

CI-NET利用者が1万社突破しました

(2015/7/1)

【重要】新規・更新申請にあたってのお願い

(2015/3/31)

CI-NET での外字(機種依存文字)の取扱い を掲載しました

(2015/3/31)

CI-NETにおける法定福利費の明示方法を掲載しました