一般財団法人 建設業振興基金 Recruitment

インタビュー
interview

仕事を知る・人を知る

経営基盤整備支援センター
担当業務:担い手確保・育成

学生時代の専攻:文系(地域活性化)
2018年入社

魅力は「風通しの良さ」
より多くの学生に伝えたい

私の仕事
「建設産業の魅力」を発信!

建設産業への入職・定着・育成に関するイベント等の実施や広報を通じて、多くの人に建設業の魅力を発信する仕事です。なかでも広報に力を入れており、WEBサイトの新規構築や改修、SNSの運営管理、チラシやポスター等の広報物の制作に携わっています。内部や制作会社との打ち合わせで自分が提案したことが形になっていく過程や、広報物を見た方々からのお声にやりがいを感じています。
また、広報以外にも、建設産業で働く女性の定着に関する国土交通省と連携して行う事業や担い手確保に関する協議会の事務局運営なども担当しています。国土交通省や業界団体、建設業界で働く多くの方々と一緒になって仕事をしており、「本財団だからこそできる仕事やつながり」の一つです。

経営基盤整備支援センター 担当業務:担い手確保・育成
職場の雰囲気
若手職員の言葉に寄り添ってくれる職場

若手職員の意見にも耳を傾けてもらえる風通しの良い職場です。インターンシップの企画会議で上司と意見が対立してしまった時も、ただ突き返すのではなく私の言葉に寄り添ってくれました。自分の考えを伝えるというのは勇気がいりますが、新人であっても話を聞いてもらえる環境なので、上司に相談しやすいです。また、自分の考えが具現化すると自信につながるので、本財団の風通しの良さは居心地が良いだけでなく、若手職員の成長にも繋がっていると思います。

経営基盤整備支援センター 担当業務:担い手確保・育成
ここが自慢
会社全体で新入職員を見守り、サポートする

上司や先輩の面倒見のよさが自慢です。新入職員の指導やケアは、配属先の先輩職員と他部署のメンターが担当します。私も2年目になって、新入職員の指導担当になりました。各々の個性があるため、自分がしてもらったことをそのまま当てはめるわけにはいかず、人に教えることの難しさを痛感しています。本財団では指導担当だけでなく、役職員全員で新入職員を見守るという雰囲気があり、私も入社して間もないころ、多くの先輩方に励まされました。大企業であれば、社長と新入職員が会話をするなんて滅多にないと思いますが、理事長も気さくに話しかけてくれます。

必見ポイント
長期にわたって働き続けられる環境

福利厚生が充実しているため、プライベートな時間を大切にしながら働き続けられる職場だと思います。日々の生活のなかで、経済的に重宝しているのが住宅手当です。給料とは別に家賃の半額(上限44,000円)が支給され、他の企業と比較してもかなり充実していると感じます。休暇についても、有給休暇は1年目から20日間付与され、それとは別に夏季休暇が5日付与されます。夏季休暇を連休にする職員が多く、私も3泊4日で海外旅行に行きました。また、出産や育児を経験した女性管理職も活躍しています。本財団では、産前産後休暇や育児休業制度に加え、男女関係なく取得可能な「子の看護休暇(有給)」の制度もあり、未就学の子どもがいる場合は病気や予防接種等で利用できます。また、介護の場合は、状況に応じて休暇・休業・時短勤務が可能となり、長期にわたってワークライフバランスがとれる環境です。

経営基盤整備支援センター 担当業務:担い手確保・育成

※2020年現在のものです

ある日のスケジュール

8:45

出社

スケジュールの確認、メールチェック

9:00

始業

Twitterは毎日投稿をしているため、上司と相談しながら投稿内容を考えます。他団体の投稿内容や閲覧数も確認し、月次報告をまとめます。

10:00

チラシ原稿の校正確認

印刷会社からあがってきた原稿をチェックし、修正の依頼をかけます。

11:00

「建設業界ガイドブック」販売業務

建設業の役割や職種を紹介している「建設業界ガイドブック」の販売窓口を担当しています。
購入申込書が届いたので、請求書の発行と梱包・発送作業を行います。

12:00

昼休憩

駅前に来ているキッチンカーでお弁当を購入。

13:00

内部打ち合わせ

担当業務の進捗状況や今後の業務スケジュールについて課内で共有します。

14:00

資料作成

協議会の会議準備。説明を担当する資料を作成します。

15:00

制作会社との打ち合わせ

新規構築中のWEBのデザインについて打ち合わせ。最近は、Zoomで打ち合わせすることも多くなりました。

17:00

WEBの動作確認

改修中のWEBのデモ画面で動作に問題がないか確認します。

18:00

退社

明日のスケジュールをチェックして退社。