一般財団法人 建設業振興基金 Recruitment

インタビュー
interview

先輩たちに4つの質問!

総務部
担当業務:採用

学生時代の専攻:文系(社会老年学)
2020年入社

主体性が求められる環境

Q1

入社の決め手

職員の雰囲気が良く、一緒に働きたいと思った

魅力に感じる点は多々ありますが、最後に決め手となったのは本財団の「人」です。説明会や面接でお会いした職員が皆、仕事に誇りを持っている方ばかりで、こんな人と働きたい、自分もいつかこんな素敵な社会人になりたい!という思いが、一番の入社の決め手でした。職員と話す機会を多くいただきましたが、どの方とも会話が弾み、自分が入社した後のイメージがつきやすく、安心感があったというのも決め手の一つです。

Q2

担当している仕事内容

振興基金の魅力を発信!

福利厚生・電話対応といった庶務のほか、新卒採用の主担当として、新卒1年目の後輩と協力のうえ、上司と相談しながら業務を行っています。具体的には、マイナビや当財団の採用HPの管理、夏冬インターンシップの企画運営、会社説明会の実施、面接の運営など、新卒採用の最初から最後まで携わっています。当財団の役職員は、採用にあたり学生の皆さんの「素」を知りたいと思っていますので、面接では皆さんの素が出せるよう、リラックスできる環境づくりを心がけています。私は当財団を魅力に感じて入職しましたが、人によって魅力を感じる企業の要素は様々だと思います。就活の限られた時間の中で、説明会に参加してよかったと皆さんに思ってもらえるよう、当財団の魅力を最大限お伝えしますので、ぜひ一度インターンシップや会社説明会にご参加ください!

Q3

やりがいを感じるとき

新卒入社2年目で採用の主担当に

自分の提案が採用された時や、仕事の成果を実感できたり、評価してもらえたりした時にやりがいを感じます。新卒採用に関しては、インターンシップの内容を学生の方に良かったと言っていただけた時や、内定を出した学生に喜んでもらえた時、役員や上司などに採用活動の労い・評価の言葉をいただいた時などが挙げられます。新卒2年目であっても裁量が大きく、新卒採用は企画から運営まで任せてもらっているので、プレッシャーは感じるものの、その分それぞれの仕事が終わったときの達成感は計り知れないです。また、新卒1年目の後輩の指導も任されているので、先輩としてどう仕事をすべきか、どのように後輩に指導を行うべきかなど、新卒2年目ではなかなか経験できないことも学ぶことができます。後輩が自信を持って仕事をしている姿を見ると、少しは役に立てたかなと嬉しく思います。

Q4

就活生にひとこと

自分と社会についてじっくり考えられる期間

自己分析や企業分析など、こなすことが沢山あって大変な就職活動ですが、就職活動を通じて得た知識やマナー、自分の本質などは、就職活動が終わった後もよく役に立っていると感じます。私自身も悩むことが多く、早く就職活動を終わらせたいという気持ちになってばかりでしたが、今となって思うと、自分を見つめ、社会について学ぶ絶好の機会でした。人それぞれに苦労があるかと思いますが、自分のペースで進めていけば最良の結果が得られるはずです。皆様の就活の成功を心より願っております!

※2021年現在のものです